南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


花粉症は治るのか②

花粉症は治るのか①では、花粉症の原因やメカニズムを書いていきました。一度発症したら治らないと言われていますが、それは間違った情報です。当院でも、施術をしないでアドバイスだけも花粉症が改善している方が多くいます。花粉症を治すには・・・今回はそんなお話をしていきます。

原因の食べ物とは

①では食べ身に原因があると書きました。悪い食べ物に対して体がそれを排せしようと一生懸命になることで、花粉が排せつできなくなり、花粉症が発症します。食べ物に気を使いすぎると何も食べられなくなりますので、花粉症を改善するために摂ってはいけない3つの食べ物を紹介します。この3つを摂らないだけで、花粉症だけではなくアトピーやいろいろなアレルギー症状、眠気やだるさ、体のあらゆる症状が改善するはずです。その3つの食べ物は、小麦、乳製品、トランス脂肪酸です。

この3つに共通することは、消化しにくいということです。消化にものすごくエネルギーを使い、体の中に溜まりやすい。そうなることで粘膜が炎症を起こし、体の不調を招きます。昔花粉症がなかった時代の日本人はこういったものを摂りませんでした。逆に、現代の人は多量に摂取しています。


小麦、乳製品

小麦は、全粒粉ではなく白い小麦粉が問題です。主にはパン、パン粉、うどん、中華麺、パスタ、マカロニ、お好み焼き、揚げ物全般、カレーなどのルウです。小麦は上げだしたらきりがありません。調理過程に使用するものもアウトです。小麦に含まれるグルテン、乳製品のカゼインというタンパク質はとても消化しづらく、消化するのにエネルギーを使います。

消化とは食べたものを細かく分解することですが、消化の負担が大きくなり体外に排出する代謝という働きが下がってしまいます。なので悪いものが体に溜まっていきます。花粉に対する排毒が行われなくなってしまうのです。


トランス脂肪酸も同様

トランス脂肪酸とは、有名なところではマーガリンですね。これは油に水素を添加して酸化しない油ということですが、構造はプラスチックと同じといわれています。ようは体にないもので、体では異物として扱われ、消化、代謝にたくさんのエネルギーが使われ、粘膜が炎症します。それが体内に残ると、大腸がんや乳がんなどの原因ともいわれています。

酸化しないということは消費期限がのびて、外食産業からは都合がいいですが、つまりコンビニ食品はほとんどアウトですし、ショートニングや植物油脂、マーガリンといった表記はとってはいけない食品と考えます。コンビニのパンは最悪です、小麦、乳製品、トランス脂肪酸どっさりです

2.3週間徹底的にとらなければ、かなりの効果が期待できます。小麦の代わりに米粉であるとか、乳製品なら豆乳にしたり、トランス脂肪酸であればマーガリンを避けてバターのほうがいいですし、油はオリーブオイルやアマニオイルがいいでしょう。きついですが、ぜひ試してみてください。食生活がどれだけ体に関係しているかわかるはずです。


カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ