南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


むくみが起こるメカニズム

細胞の周りに水分がたまっている状態

むくみ.jpg
血液は全身をめぐって細胞に酸素や栄養を送り届けています。この受け渡しをしているのが細胞と細胞の間にある「細胞間質液」です。役目を果たした細胞間質液は、細胞からでた老廃物をリンパ管に運び、水分は血しょうとして静脈に吸収されて心臓に戻ります。

ところが、タンパク質不足によって血管の中の浸透圧を維持することができなくなると水分が戻れずに、細胞の周りが水浸し状態になります。これが「むくみ」です。また、ストレスもむくみを招きます。抗ストレスホルモン→コルチゾールが過剰分泌されると血液中の水分が外に逃げやすくなるのです。


摂りたいのはこの栄養素

血液中の水分を保つたんぱく質

血管内の水分調節を維持する働きを持っています。不足すると血液内の水分が血管から漏れ出し、細胞と細胞の間に水が溜まってしまい、結果としてむくみが現れます。

おすすめ食材
牛肉、豚肉、鶏肉、魚類、豆腐、納豆、卵、チーズ


タンパク質の合成に必須、亜鉛

新陳代謝など体内のさまざまな働きをサポートして正常を保つ役目を持っています。タンパク質を合成するときにも不可欠で、亜鉛が不足するとタンパク質不足になり、むくみの原因になります。

おすすめ食材
豚レバー、タコ、カキ、カニ、豆、大豆製品、ナッツ類


体内の水分をコントロール、カリウム

ナトリウムの排出を促し、利尿を促進する栄養素です。体内の水分量をコントロールする働きがあるため、不足するとむくみの原因になります。塩分の摂りすぎ、摂らなすぎに注意し、カリウムを適度に摂取しましょう。

おすすめ食材
きゅうり、アボカド、豆類、大豆製品、ほうれん草、海藻類、ナッツ類、パセリ、フルーツ

適度な運動とストレスをためない環境作りを心がけましょう!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ