南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


貧血・めまい

貧血・めまいが起こるメカニズム


貧血.gif整体をメインとしている当院ですが、症状によっては食事指導や栄養チェックをおこないます。今回は貧血・めまいがテーマです。

私たちの体は、血液によって運ばれる酸素や栄養素によってエネルギーを作り出しています。このうち、酸素を運ぶ重要な役割を果たしているのが赤血球の色素成分・ヘモグロビン。ヘモグロビンとは、簡単にいうと鉄とタンパク質です。「貧血」とはこのヘモグロビンの量が不足して、体内が酸欠状態のことを指します

貧血の原因はいくつかありますが、そのほとんどがヘモグロビンの材料となる鉄とタンパク質が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」。貧血になるとめまい、だるい、動機、息切れ疲れやすいなどの症状が現れます。こういった症状は慢性化すると体の歪みを作り出し、痛みになることがあります。

こういった方には整体で痛みを取り除きながら、胃腸の働きを正常にして、摂取した栄養素をキチンと吸収できるようにすることも大切です。本来、整体にはそういった効果があります。

摂りたいのはこの栄養素

血液の材料となる鉄

血液の赤血球を作るミネラル。タンパク質がないと利用できないため、タンパク質と一緒に摂るのがポイント。


おすすめ食材
豚レバー、肉類、カツオ、アサリ、豆類・大豆製品、ほうれん草、小松菜、海藻類

血液細胞を作る亜鉛

細胞内にあり、新しい細胞を作るために必要な酵素の成分として働いています。新陳代謝と活発にして、細胞を分裂・再生しています。血液も細胞で構成されているので造血には不可欠です。

おすすめ食材
牛肉、豚赤身肉、豚レバー、たこ、カキ、カニ、豆類・大豆製品、ナッツ類

赤血球を合成するビタミンB12

「赤いビタミン」といわれているように、赤い色をしている水溶性ビタミン。ビタミンB群の葉酸と協力し合って、血液の中に含まれている赤血球を合成する働きを持っています。

おすすめ食材
牛レバー、鶏レバー、シジミ、アサリ、ハマグリ、カキ、イカ、チーズ、サンマ

ぜひ参考にしてください!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ