南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


ストレス

ストレスが起こるメカニズム

ストレス.png

体のサインを我慢すると、ストレス状態が悪化する

ストレスとは、外部からさまざまな刺激を受けることによって、心や体に負担がかかり歪みが生じることをいいます。ストレスが低いレベルのうちに体は「痛み」や「不調」のサインをだします。それなのに、同時に脳から痛みを抑制するB-エンドルフィンなどさまざまなホルモンが分泌されて「痛み」を感じにくくしています。多少の痛みなら、痛みに耐えて頑張って、ストレス状態を悪化させてしまうのです

すると頭痛や肩こりなどの自律神経失調症のような身体症状、腰痛などの症状、うつや神経症のように精神に現れる症状、〇〇依存症などの行動が現れます。


摂りたいのはこの栄養素

神経をコントロールするビタミンB12

貧血予防に役立つビタミンですが、脳や脊髄あって全身をコントロールする中枢神経や、全身に張り巡らされた末梢神経が正しく働くようにコントロールして、神経症状を和らげます。

おすすめ食材
牛レバー、鶏レバー、シジミ、アサリ、ハマグリ、タラコ、イカ、のり


自律神経を整えるマグネシウム

脳内で気持ちを左右する神経伝達物質「アドレナリン」は、タンパク質に含まれる必須アミノ酸からドーパミンを経由して作られます。その際に必要なのがマグネシウム。自律神経を整えます。

おすすめ食材
豆類・大豆製品、わかめ、しらす干し、ナッツ類、アサリ、にら、長芋、昆布


ストレスを和らげるパントテン酸

ストレスを感じると副腎皮質ホルモン(抗ストレスホルモン)が分泌され、ストレスを和らげる働きをします。パントテン酸はこのホルモンの合成にかかわっている「抗ストレスビタミン」です。

おすすめ食材
レバー、タラコ、納豆、鶏肉、カレイ、干ししいたけ、カリフラワー、アボカド

最後に、お茶に含まれるテアニンにもリラックス効果があるようです。テアニンは緑茶に含まれるうまみ成分で、アミノ酸の一種です。二番茶よりも一番茶、日光を遮って栽培する玉露やかぶせ茶に多く含まれています。リラックス効果、ストレス緩和の効果があると期待されています。お茶を飲む習慣でストレス解消しましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ