南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


不眠症

不眠症がおこるメカニズム

不眠症.jpg

セロトニン不足が神経を興奮させて眠れない

さまざまな原因がありますが、タンパク質不足が不眠を招きます。就寝時、起床時の体と心の切り替えに作用するのが脳神経伝達物質「セロトニン」です。このセロトニンが睡眠ホルモン「メラトニン」に合成されることで自然な眠りにつくことができます。セロトニンが不足すると気持ちの切り替えがうまくいかず、眠れなくなったり気持ちが落ち込んでしまったりも・・・。不眠症改善にはセロトニン、メラトニンの原料となるアミノ酸「トリプトファン」を含むタンパク質、合成にかかわるマグネシウム、ビタミンB6亜鉛も合わせて摂取しましょう

摂りたいのはこの栄養素

神経のバランスを整えるマグネシウム

骨や歯を形成する、緊張した筋肉をゆるめる、血管の拡張を抑えるなどのほか、興奮した神経を鎮める働きもあります。高ぶった気持ちを安定させ、眠りに入りやすい状態を作ります。

おすすめ食材
アサリ、豆類・大豆製品、ほうれん草、わかめ、しらす干し、ナッツ類、玄米、そば


睡眠物質の合成に役立つビタミンB6

タンパク質や脂質の代謝に欠かせないビタミン。アミノ酸のトリプトファンから神経伝達物質「セロトニン」、睡眠ホルモン「メラトニン」を合成するときにも必要な栄養素です。

おすすめ食材
牛レバー、鶏肉、カツオ、マグロ、サンマ、納豆、バナナ、ピスタチオ


メラトニンの合成に不可欠、亜鉛

ビタミンB6と同様にトリプトファンがセロトニンに、セロトニンがメラニンに合成されるときに必要な栄養素です。体内で作り出すことができないので食事から摂取する必要があります。

おすすめ食材
牛肉、豚赤身肉、豚レバー、タコ、カキ、カニ、豆類・大豆製品、ナッツ類、しらす干し

栄養と一緒に、運動を習慣にして快眠生活を手に入れましょう!!



更新

<< 前の記事

カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ