南浦和にある当院は痛みを根本解消する無痛の整体です

カラリノ治療院


疲れ目・ドライアイ

疲れ目・ドライアイ起こるメカニズム

疲れ目.jpg

目の渇きが目を疲れさせる

ドライアイには大きく2つのタイプがあります。一つは涙の分泌量が少ないために目が乾く「涙液減少型」。年齢とともに涙の分泌量が少なくなってドライアイになりやすくなります。

もう一つは「涙液蒸発亢進型」。正常な涙は三層構造をしていて、まばたきのために涙の表面に薄い油の層を張って涙の蒸発を防いでいます。ところが、紫外線や大気汚染による酸化ストレス、パソコンやスマートフォンの使いすぎ、油分を分泌するマイボーム腺の機能低下などによって涙の三層構造が崩れ、涙が出ていても目が乾きやすくなります。ドライアイが原因で目が疲れやすくなります。


摂りたいのはこの栄養素

ロドプシンを再合成、アントシアニン

網膜でロドプシンという物質が合成され、物が見えます。ロドプシンが減ると眼精疲労、ドライアイ、視力低下に。アントシアニンはロドプシンの再合成を促進する作用があります。

おすすめ食材
紫キャベツ、紫玉ねぎ、紫いも、赤しそ、あずき、ブルーベリー、プルーン、イチゴ、赤ワイン


ロドプシンの主成分、ビタミンA

ロドプシンはレチナールとタンパク質でできていて、レチナールはレチノール(ビタミンA)から作られます。ビタミンAはロドプシンの主成分であり、目の粘膜を丈夫にする栄養素です。

おすすめ食材
鶏レバー、豚レバー、ウナギ、卵、ほうれん草、にんじん、銀鱈、かぼちゃ、モロヘイヤ、プルーン

ドライアイには紫の食べ物を摂取しましょう!!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

カラリノ治療院のご案内

住      所:
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1-5-2Mビル101
アクセス:
JR南浦和駅から徒歩8分
さいたま市立大谷場小学校の近く
お問い合わせ・ご予約
048-813-0505
営業時間:
平日 10:00~19:30
土日 09:00~14:00
休業日:
毎週木曜日 第2.第4日曜日 祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ